コラム

コラム
【お掃除コラム022】食中毒に注意!

6月に入り、日本も全体的に気温が上がってきました。
気温が上がるにつれ増えてくるのが食中毒です。皆様は食中毒対策は行っていますか?
一般的に食中毒と聞くと、期限が切れている食品を口にしたり、不衛生な状態で食事をとったときにかかりイメージがありませんか??
ですが、一般家庭内で食中毒を防ぐ方法で一番の要はキッチンの衛生です。
ここでは気を付けるポイントを紹介していきたいと思います。

1:まな板
調理する際に必ず使用するまな板がキッチンで一番最近が集まる場所といっても過言ではございません。
使ってそのままにしている家庭もあれば、洗剤で洗ってからしまう方もいらっしゃるとおもいます。
ですが実は食器用洗剤等を使ってまな板を洗っても除菌効果は少ないのです。
そこで除菌方法としておすすめの洗い方は、まず台所用漂白剤を用います。
まず始めに食器用洗剤で汚れを綺麗に落とします。まな板の水分をよくふき取り、しっかり乾燥させた後、薄めた漂白剤に30分程
浸けおきます。キッチンペーパーを当てて薄めた漂白剤をすぽれーする方法でも可能です。
30分経ちましたら風通しの良い場所で乾かしましょう。これでまな板の除菌は以上になります。

2:キッチンスポンジ
これも毎回使用する道具の一つです。食器を洗う際に洗剤を付けているので大丈夫と思われがちですが、
濡れたままのスポンジをそのまま放置すると最近が繁殖してしまいます。
スポンジに関してもまな板の除菌方法と同じで、食器用洗剤で揉み洗いした後に薄めた漂白剤に15分程浸してください。
※長くつけすぎるとスポンジの色が変色してしまう場合がございますので注意してください。
15分経ちましたら風通しの良い場所で乾燥させて除菌完了です。

3:手拭きタオル
調理時だけではなく、皿洗いの時や手を洗った時によく使用しますよね。実はタオルが湿っている状態でも最近が繁殖します。
これに関しては除菌ではなく、こまめにタオルを好感して使用するように気を付けてください。
1日毎に変えるのが理想的です。

以上簡単にできるキッチン周りの食中毒対策を紹介いたしました!
暑い時期を皆さま健康に乗り切りましょう!


担当:O

過去のお掃除コラム一覧

021.重曹=魔法の粉?
020.花粉症対策
019.トイレ掃除はどう行っている??
018.お風呂掃除①
017.
衣類に付着した血の汚れは綺麗に落とせないの??
016.何でもデータ化でスッキリ
015.パソコンの中も大掃除②
014.パソコンの中も大掃除①
013.思い出の物の断捨離方法
012.物を捨てられない時の考え方
011.大掃除!冬にやらなくていい場所
010.大掃除のコツ
009.お掃除の基本
008.日本人は、一生のうち平均で52日間も探しものをする?
007.1日10分の小掃除
006.まずは物を少ない部屋を目指す
005.トイレの掃除
004.洗面所の掃除
003.
重曹とクエン酸
002.あると嬉しい掃除道具
001.掃除と片付けの違い
000.コラムのトップページに戻る

プレジールのサービスご利用をご検討の方は、
こちらも合わせてご確認の上、お問い合わせください。

ご利用の流れ

お申し込みから、サービスまでの
流れを掲載しています。
こちらも合わせてご確認ください。

お客様の声

実際にサービスを利用された方の
声を掲載しております。

よくあるご質問

お問い合わせの多い質問を
掲載しています。
合わせてご確認ください。

対応エリア

千葉県
千葉市、浦安市、市川市、松戸市、流山市、習志野市、船橋市、
鎌ヶ谷市、柏市、四街道市、八千代市、白井市、我孫子市、佐倉市
東京都
中央区、墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区

対象エリア外についても、お問い合わせいただければご相談に応じます。

対応エリア

対応エリア
千葉県
 千葉市、浦安市、市川市、松戸市、流山市、習志野市、船橋市、鎌ヶ谷市、柏市、四街道市、八千代市、白井市、我孫子市、佐倉市
東京都
 中央区、墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区

対象エリア外についても、お問い合わせいただければご相談に応じます。